スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナルとコミカライズって



どっちが面白いのでしょうか。分かりかねる九鹿です。


ある本の読者投稿欄にこんなことが書いてありました。

「微分すると次元が下がるだけ。積分するとC(積分定数)という余計なものが出てくるから、面白くなくなるのかもしれない。」


こういう話は普通科の高校に通ってたひとなら分かると思います。いい考え方だなあと思います。とはいえかなり極端な考え方ですけどね。


この理論から言えば、字は一次元ですから、マンガという二次元に起こすのはやはり無理があるのかもしれないですね。


厳しいことを言うと、ラノベの文章力が、全体的にまだまだ、ということなのでしょうか。我ながら勝手に言いますけど、やはりそういうことなのかもしれません。


原作がライトノベルのマンガはいまやありあふれています。てか、どこにそんなたくさんの掲載欄があるんだと疑いたくなる。


自分がよむのは例の幻想殺し、とあるシリーズです。ほかはまだ知らないです。なにせ読んでるラノベも全く多くはないですし。

ただ一言言わせてもらうとすれば、ただメディアミックスすればいいんじゃねえぞと各出版社に言いたいですね。


今回は暴言も吐いたしこの辺で。次は、ノリに乗る講談社からの話にしますかね。では(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。